ユーザー事例

VR空間で、
デザインの確認・修正・承認のワークフローが完了します

実寸大のイメージが伝わるVR空間で、
設計者・デザイナーと承認者が
確認・修正・承認を行うため、
イメージの行き違いと工数を大幅に
削減できます。



製品情報 ▶

至極簡単、実寸大のVR化

あなたのSketchUpファイルを読み込む。それだけです。

1/100サイズと実寸大で、あなたのデザインがVR空間に映し出されます。

あとは、VR空間で自由に移動したり、シーンを切り替えたり、仲間やお客様と一緒に、あなたのすばらしいデザインを実際の大きさで見て回りましょう。

修正指示やデザイン承認もVR内で。

どんなすばらしいデザインも、仲間やお客様と一緒に見ていくと直したいところがでてきます。

そんなときは、図面に赤入れをするのではなく、VR内に直接書き込みましょう。SYMMETRYでは、フリーハンドや音声入力で、気になった箇所に修正指示を残すことができます。

SketchUpファイルを手直しして、再びVR内で満足いく出来が確認できたら、その場で修正箇所を承認できます。

修正指示やデザイン承認もVR内で。

どんなすばらしいデザインも、仲間やお客様と一緒に見ていくと直したいところがでてきます。

そんなときは、図面に赤入れをするのではなく、VR内に直接書き込みましょう。SYMMETRYでは、フリーハンドや音声入力で、気になった箇所に修正指示を残すことができます。

SketchUpファイルを手直しして、再びVR内で満足いく出来が確認できたら、その場で修正箇所を承認できます。

伝わるイメージで工数削減を

デザインの確認業務では、設計者・デザイナーとクライアント間のイメージの行き違いで生じる修正の繰り返しが、大きな負担となっています。

SYMMETRYは、あたかも実際の建築物の中にいるようなイメージが伝わるVR内でデザインの確認・修正・承認を行えるため、イメージの行き違いによる業務工数を大幅に削減することが可能となります。