VRが3DCADによるコミュニケーションを円滑にします。

VRが3DCADによるコミュニケーションを円滑にします。

ユーザーの声

株式会社コスモスモア様

武田透 氏

まず1番の感想としてはスケール感がちゃんと見えるということ。VRで見た時の質感やスケール感など、デザインする側として自分たちがイメージしたことがその場で表現できているということが大きいなと思いました。

続きを読む

特長

簡単

直観的でシンプルな操作方法なので、トレーニングなしですぐに使いこなせます。


速い

あなたの.skpファイルを読み込むだけで、あっという間にVRで体験できます。
CG制作業者に発注したり、難しいソフトでの変換作業は必要ありません。

高品質

リアルなマテリアル*² と影の演出で没入感を高め、正確なイメージの共有と素早い意思決定を促します。

*² 現在、SketchUp標準マテリアルに対応

主要機能

インポート

VRヘッドセットをかぶったまま、PCのハードディスク内の.skpファイルを選択し、リアルタイムでモデルを読み込むことが可能です。

その際、SketchUp内のレイヤ設定をVR内に引き継ぐことが可能であり、SketchUp標準マテリアルは高品質のマテリアルに自動的に変換されます。




ビューモード

まるで机の上の建築模型を眺めているような「スタジオモード」と、建物を実寸大で体感できる「イマース(没入)モード」を自由に切り替えることができます。
HTC Viveの特長である「ルームスケール」を生かして、自分の足で歩いたり、しゃがんだりして、見たい場所を自由自在に見ることができます。

コミュニケーション

コミュニケーションに役立つ「マークアップ」「カメラ撮影」「音声メモ」のツール等が利用できます。
カメラ画像、音声データおよび自動認識されたテキストデータはPCの個別フォルダに保存されるので、それらをデータとして送信することが可能です。
これにより、VR機器を持っていない人にも簡単に情報を共有することができ、円滑な共同作業を推進します。

skpデータ提供:繁戸和幸(SeaGate)

始めよう


製品に関する情報を受信する